コーヒー

フレンチプレスの残りカス処理。あるアイテムを使用すると簡単に!

こんにちは。わっぺい(@wappei_coffee)です。

フレンチプレスでコーヒーを淹れる時、残りカスの処理に困りませんか?

淹れ終わった後に容器のコーヒー粉をゴミ箱に捨てて、

「まだ容器に粉がいっぱい残ってるし、できればシンクにそのまま捨てたくないな…」

なんて経験はフレンチプレスで淹れたことのある方には多いと思います。

本記事ではフレンチプレスでコーヒー粉を捨てる際に残るコーヒー粉を劇的に少なくする方法を紹介していきます。

コーヒーカスを少なくする方法はズバリ、ペーパーフィルター!

フレンチプレスでコーヒーを淹れた際、どうしても後処理が面倒ですよね。

私もフレンチプレスで淹れることに慣れない頃は、やはり面倒に感じていました。

ペーパーフィルターのように、フィルターを捨てたら何も残さずに後処理できる、というわけではなく、フレンチプレスでは瓶の底に溜まった粉を捨てるために瓶を思い切り振りながらゴミ箱に捨てないといけない。

なかなか瓶から出てこないので、何度も振って振って、なんだか行動自体が汚く感じてしまうんです。

振って捨てた後も瓶の底にまだ粉が残っている。

「シンクに捨てたくないけど、仕方ないか…」
―こう毎回思うことが私は特に面倒と感じていた原因です。

スルっと捨てられる方法はないかなーと思っていた所、サイフォン式で使用するペーパーフィルターが目に付きました。

サイフォン式においても布のフィルター管理が面倒という方のために、使い捨てのペーパーフィルターが販売されているんですね。

「これ、プレスの瓶底に使ったらペーパーフィルターみたいにスルっと捨てられるんじゃ…?」

そう思ってサイフォン用ペーパーフィルターを試してみました。

実際に使ってみましたので、どれくらいの効果があったかは次の内容を見てください。

サイフォン用ペーパーを使って実際に試してみた

実際にサイフォン用のペーパーフィルターをフレンチプレスで使用してみました。

ちなみに、通常通り淹れてみて、ごみ箱に捨てた後の容器内がこちら。

結構な量の粉が残りますね……シンクに流す前にもっとゴミ箱に捨てておきたい…

次にサイフォン用のペーパーフィルターをセットします。

350mlのフレンチプレス容器なので、フィルターが少し大きいですね。

私のいつもの手順だと、熱湯を入れて容器を保温した後にペーパーセットとなるため、瓶が熱々で中まで押し込めません。

そのため、箸などを使って奥までなんとか入れてやりました。

綺麗ではありませんが、底にコーヒー豆が残ることはなさそう!

ということで、早速コーヒーを淹れて残り粉を捨ててみた結果がこちらです。

何もしなかった画像と比較すると、劇的に残り粉が少なくなってますね!これは大成功!

金属フィルター側にも付けてみました

ここまで記事を書いていて、

「これ、金属フィルター側に付けたら更に楽なのでは…?」

と疑問に思ったので、瓶の底ではなく金属フィルター側にも使ってみました。

まずはフィルターを瓶の上に置いて…

そのまま上からプレスを押していきます。

ちなみにコレ、いつものプレスよりもメチャクチャ重かったです。

ペーパーフィルターってメッシュが細かいので空気が抜けにくいので、いつもの倍以上の力を込めて押し込みました。。。

そして、コーヒーを淹れてメッシュを取ってみた結果…

これですよ!

中央の部分以外は、粉が全く付いていなかったです。

これだと毎回フィルターを外して掃除する必要もありませんね。

底に敷くよりも、こちらの方が便利と感じる方が多いかもしれません。

微粉の量も極めて少ないので、微粉が苦手な方にもオススメできるかも。

改善点を書いておくとすれば、金属メッシュ+ペーパーフィルターではプレスする際に空気が全然抜けずに力を入れないと奥まで押し込めないため、ペーパーを使用する方は金属メッシュを外しておく方がいいかもしれません。

少しは楽に使用できると思います。

また、押し込みに力が必要すぎて、思いのほかいつものプレスより苦めのコーヒーになってしまいましたし…

まとめ:フレンチプレスで残りカスを少なくすることは可能!だが…

記事の内容をまとめます。

フレンチプレスにサイフォン式のペーパーフィルターを使用することで、残り粉を簡単に処理することができました。

特にメッシュ側に使用した際の効果は抜群ですね。

しかし、現在のサイフォン用ペーパーフィルターの価格は100枚で約400円です。

1回の使用で4円。底とフィルターの両方に使えば1回8円です。

これは、後処理の簡単さとコストへの意識の差だと思いますので、

そんなことより後処理が嫌いだ!という方は今回の方法を試してもらってもいいのかな、と思います。

私は後処理に慣れてしまったので、毎回ペーパーを使用してまで使うかどうかは分かりません。

もう少し色々と使い方を探ってみたいかなと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。