コーヒー

なぜ茶色い?なぜ白い?無漂白・漂白ペーパーフィルターの違いを技術的に解説!

こんにちは。わっぺい(@wappei_coffee)です。

コーヒーのドリップで使用するペーパーフィルター。

紙が茶色のものと白色のものがありますよね。

茶色は無漂白で、白色は漂白されたものと、なんとなく理解している人は多いと思います。

無漂白ペーパーは環境や身体によさそうだけど少し匂いがあって、漂白ペーパーは無臭のクリアなコーヒーが淹れられる。

と、なんとなくのイメージが広がっていると思います。

本記事では、無漂白ペーパーと漂白ペーパーの技術的な違いから、なんでそもそも無漂白だと茶色いのか、という話まで説明をしていきます。

ペーパーフィルター。無漂白と漂白の違いってなに?

コーヒーのペーパーフィルターには様々な形状のものがありますが、使用される紙の種類は主に2種類あります。

茶色いペーパーフィルター(無漂白紙)と、白いペーパーフィルター(漂白紙)です。

それぞれどのような特徴や違いがあるのか、説明していきます。

無漂白ペーパーフィルターの特徴

無漂白の台形コーヒーペーパーフィルター

まず、「無漂白ペーパーってどのフィルターのこと?」と思った方は、

茶色いペーパーフィルターが全て無漂白フィルターだと思っていただいて問題ありません。

その名の通り紙の製造工程で漂白処理をしていないため、有機溶剤などを使用しないことや焼却の際に化学物質が発生しないことから、環境にやさしいペーパーだと認識されています。

また、ドリップ中や保存している時に紙の色味が温かさを与えてくれます。

視覚効果によって感じられる柔らかな印象はコーヒーの味にも多少の影響を与え、少しほっとした気持ちにもなるんではないでしょうか。

こればかりは人間の先入観のすごさすら感じさせてくれます。

一方で無漂白フィルターでドリップした水は、木の成分の匂いがする。という話を聞きます。

ですが実際は、プロのバリスタの方でも水だけなら僅かに違いがわかるという程度のもので、コーヒーにしてしまえば正直わからないと言われます。

しかし、紙というのはどれも違う工場、違う設備で生産されていることがほとんどです。

全ての無漂白のペーパーフィルターがほぼ無臭というわけではありませんし、私も経験上、匂いのきついフィルターには出会ったことがあります。

味の変化を感じない、無難なフィルターを選ぶのであれば無漂白フィルターは合わない場合もありますので、その点はご注意ください。

漂白ペーパーフィルターの特徴

漂白タイプのコーヒーペーパーフィルターとコーヒー豆

漂白フィルターは紙が白色のペーパーフィルターのことです。

紙の原料となる木って、もともと茶色いですよね。

この木の茶色い成分を製造工程で漂白することでキレイな白のペーパーが作られます。

特徴として、漂白されたことによって紙そのものの匂いがしません。実体験からも漂白タイプのペーパーから気になる匂いがしたことは今まで一度もありません。

安定して美味しいコーヒーを淹れることを追求されている方は、漂白タイプのフィルターを使用されることをオススメします。

一方で漂白に用いる化学薬品が環境や身体に悪い影響を与えると言われていました。

これは昔は確かにそうでした。健康被害はないけど、エコではないよね。という認識は間違っていなかったのです。

しかし現代の漂白技術は進歩しており、漂白方法には酸素漂白という手法が用いられています。

漂白の工程で塩素などの有害物質が使われていることは現代において、まずないと考えてよいです。

もちろん焼却時の発生物質も同様、環境への影響は僅かになるように進歩しています。

無漂白のペーパーフィルターは環境にいいという理由で売れていますが、それは消費者の大きな勘違いです。

エコという観点では、無漂白フィルターと漂白フィルターには大きな違いはありません。

ペーパーフィルターを選ぶときの考え方は人それぞれですが、私は安定した味のコーヒーを淹れられる漂白タイプのペーパーフィルターを長年愛用しています。

無漂白が茶色いのはなぜ?紙の製造工程から説明!

木からできる紙。主な成分はなに?

紙の原料は「木」です。

また木の成分は大きく「セルロース」「ヘミセルロース」「リグニン」の3つからなります。

これが紙の主原料でもあり、ペーパーフィルターも例外ではありません。

「セルロース」は紙全体の骨格部分となり、

「セミセルロース」にはそれぞれの原料を接着させる効果があります。

「リグニン」は紙の中の隙間を埋める効果があり、これが多いほど固い紙に仕上がります。

また、ペーパーフィルターの製造では基本的にこのリグニンを除去しています。

紙が茶色い原因は、「リグニン」という成分にある

紙の成分が3つあることは分かった。

では、なぜ紙は何も処理をしなければ茶色いのか?

それは3つの中に、その成分自体が茶色のものがいるからです。

この茶色の正体は「リグニン」です。なお、純セルロースは反対に真っ白の特徴を持ちます。

そのため漂白という工程は、主にこのリグニンを漂白することを目的としているんですね。

紙を漂白していることは知っていても、意外とこのような知識は少ないのではないでしょうか。

紙の製造工程を簡単に説明!

それでは紙とはどのような手順で製造されているのか、紙の製造工程を簡単にご説明します。

下の図は、木材を細かくした”チップ”と呼ばれる原料から漂白工程までの流れを記載したものです。

紙の製造工程
※大王製紙株式会社 公式サイト参照

まずはじめの「原料処理工程」で、原料となる木材チップのサイズや厚みを均一なものにしていきます。

均一化された木材チップを「蒸解工程」で蒸解します。蒸解とは薬品を入れて高温・高圧で煮ることで、原料に含まれる樹脂(リグニン)を溶かすことです。これによって原料の繊維分を除去できます。

次に「精選・洗浄工程」で異物を取り除きます。

その後の「酸素脱リグニン工程」で、蒸解工程で取り除けなかった繊維分をもう一度分解させます。

ここで脱リグニンといっても、リグニンを取り除くわけではありません。そのため、処理中の材料はまだ茶色の成分を持っています。

この茶色の原料を白くする工程が、次の「漂白工程」ですね。

もちろん、無漂白ペーパーフィルターはこの漂白工程をスキップしています。

このような流れで製造されるのが紙の原料となる「パルプ」と呼ばれるもので、パルプをいろいろな紙に仕上げていく工程はこの後に続いていきます。

紙の種類は膨大で私も全ての製造過程を知っているわけではないので、ここでは割愛します。

このような工程で紙の原料は製造されていることを知っていると、ペーパーフィルターを選ぶときにも少し楽しんでいただけるのではないでしょうか。

まとめ:私は漂白フィルターを使う!

以上、コーヒーのペーパーフィルターで漂白タイプと無漂白タイプの違いについてまとめてきました。

無漂白タイプはものによっては匂いを発するものはありますが、多くはそれほど味の変化を感じさせません。

漂白タイプは環境に悪いという考えは古いため、その認識は捨ててください。

価格差もほとんどないことから、私は比較的クリアなコーヒーを安定して淹れられる漂白タイプのペーパーフィルターを使用します。

製造工程はあくまで豆知識として覚えていただければと思いますが、ペーパーフィルターはコーヒーを淹れるたびに直接触れて使用するものです。

その製造過程やどんな原料でつくられているかは知っておいて損はしません。

少しでも今後のコーヒーライフが豊かなものになれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。