ウェブコンテンツ

スマホ首を予防するアプリ!その実力は。3分で出来る治し方も!

こんにちは。わっぺい(@wappei_coffee)です。

現代病の代表格と言ってもいい「ストレートネック」。最近では「スマホ首」とも言われます。

このスマホ首が進行していくと、やがて頭痛の症状が現れます。

今、この頭痛に悩まされている方も多いのではないでしょうか。私もその一人です。

本記事では先日見つけたアプリ、スマホ首を予防する機能が付いたアプリについて紹介します。

おまけで「バスタオルを使ってスマホ首の頭痛を3分で解消する方法」も紹介していきますので、お悩みの方は是非最後まで読んでいってください。

スマホ首が進むと辛い頭痛の原因に。頭痛外来は診察料も高い。

ストレートネック、通称「スマホ首」。

これは首を前に突き出す姿勢(手元でスマホを見る時のような首の姿勢)を長く続けてしまうことで起きてしまうようです。

横顔側から見た時に本来S字になっている首の骨が真っ直ぐに伸びてしまうことで、進行していくと頭を支える力が局所的にかかって頭痛を引き起こします。

特にデスクワークの方は普段パソコンを見る時も同じような姿勢になりがちですので、注意が必要ですね。

重度に進行してしまうと顔を上や下に傾けた時に、骨が首に通っている神経と干渉してしまい激痛が走るようです。ここまで進行すると手術の必要性が出てきたりするため、軽度の症状でも放っておいては大変なことになります。

もしスマホ首による頭痛なのかを疑った場合、一般的に診察には頭痛外来に行くかと思います。

私は普段頭痛になることもないのに2週間ほども頭痛が続いたため、念のため検査を受けることにしました。

脳の異常を検査してもらうためにはMRI検査が必要になりますので、私の場合だと初診料を含めて「診察+検査」で合計8,000円程度しました。

結局はスマホ首と診断されたので脳に問題はありませんでしたが、普段の姿勢が問題で頭痛になって、その検査に8,000円かかるとなると少し高いですよね。

そんな経験から、できるだけスマホ首は進行する前に予防していきたいと思いました。

スマホ首の予防機能付きリラックスアプリ「彩然音」

彩然音アイコン

スマホ首はスマートフォンを見る時の前屈み姿勢が問題で、進行していきます。

即ち、スマートフォンを見る姿勢を前屈みではなく、真っ直ぐした姿勢で見れば特に問題がないわけです。

では、スマートフォンの画面角度を監視するアプリがあれば、少しでもスマホ首の予防になるのではないか?と思ってアプリを探してみたところ、1つだけそのようなアプリを見つけました。

それが「彩然音」というアプリです。AppStoreのみで販売しているようで、120円の有料アプリです。

無料ではありませんが、ストレートネックが予防できるなら!と実際にインストールしてみました。

主な機能はリラクゼーション音楽を流すアプリ

彩然音のトップ画面 彩然音のオプション機能画面

この「彩然音」は主な機能としてリラックスのできる自然の音楽を流すことができるアプリのようです。

「ビーチ」「鳥」「虫」「川」「雨」などの音をバックグラウンドで再生できます。

SNSやブラウザを見ている時にも使用できますし、スリープタイマー付きですので寝る時や時間を決めて何かアプリを使おうとしている時に便利です。

これは豆知識ですが、雨の音は集中力を高めやすいと言われておりますので、勉強中や読書中に流しておくと集中しやすい効果がありますよ。

画面傾き検知でスマホ首を予防する「クビマモール」

彩然音のストレートネック対策機能画面

私にとっては本命の機能とも言えるストレートネック対策機能。これはオプション機能でスマートフォンの傾き検知ができる機能が付いています。

設定した傾き以上にスマホが傾くとバイブと通知バナーで傾きすぎていることをお知らせしてくれます。これによってスマホ首を予防できる、という機能になっております。

傾き通知の設定は5°単位で調整可能ですので、ご自身の身長などによって見やすい位置を設定すればいいかと思います。設定範囲は60°~85°です。

簡単操作で検知機能を変更する際は、アプリアイコンを3DタッチでON/OFF選択ができます。

2019年1月現在、この機能は特許出願中とのことですので、需要があると思われるのに類似のアプリがないということは、そういった特許の背景があるからなのかもしれません。

【使用レビュー】彩然音は非常に”惜しい”アプリだった

実際にこのアプリをインストールして使ってみた感想を書いていきます。

結論から言うと、スマホ首の予防機能は正直言って微妙でした。

ダメだというわけではなく、非常に惜しいなと思ってしまいました。

特に、以下が微妙だなと感じた部分です。

・検知時のバナー通知は邪魔
・実使用可能な傾きは60°/65°のみ
・指定アプリのみの通知機能がない

まず1つ目に、傾いた時にデフォルト設定では画面上部にバナー通知されるのですが、これが非常に邪魔です。自動でバナーが消えないため、自分の指で通知解除する必要があります。

バナー通知はiPhone設定で変更できますので、オフにしておくことをオススメします。

2つ目に、実際にストレスにならずに使用できる傾きが2種類しかなかったことです。60°/65°以上の傾き設定にしていると、少し手元が動いただけで通知されてしまいました

例えば設定を70°くらいにしてしまうと、先ほどのような通知バナーを片手持ちで消そうとして一瞬70°以下に傾いた際も、毎回通知されます。

ですので、LINEなどの通知バナーを押す際に一瞬画面が傾いた際にも通知されます。傾いた時間が3秒以内なら通知しないなど、もう少し緩い仕様にしてほしいところです。

そして最後の3つ目が、一番残念だった部分です。

それは、傾き検知機能が特定のアプリを開いている時のみONにする機能がない点です。

基本的にはSafari等のブラウザやSNS、Kindleを読んでいる時にだけONにして他のアプリ使用時はOFFにしたいのですが、こういった使い分け機能はありませんでした。

 

反対に良かった点としては

「スマホを置いた時(傾き90°)は通知しない」

という部分があげられます。

机に置いている間も通知され続けるとストレスですが、その辺りはしっかり設計されています。

興味がある方は下記AppStoreリンクからアプリをインストールできます。

「彩然音」App Store

バスタオルで3分!スマホ首をすぐに治す簡単な方法!

首を押さえる女性

これまでは予防の話をしてきましたが、すぐに頭痛を解消したい場合もありますよね。

そのような時は、私はバスタオルを使ってスマホ首による頭痛を治しています。

3分で頭痛が解消できますので、是非試してみてください。

具体的な手順は以下です。

1.バスタオルの短い辺で半分に折る
2.そのバスタオルを長手方向に強く巻いていく
3.仰向けで寝転がり、タオルを首の下に入れる
4.そのまま3分待機

これだけの作業で真っ直ぐになった首が少しだけ元のS字に近く矯正できるため、頭痛が緩和できます。

どうしてもすぐに頭痛を治したい時は、一度この方法を試してみてください。

 

いかがでしたでしょうか。

このようなスマホ首予防の機能が付いたアプリ等が今後増えていくといいな、と思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。